壬生寺境内 諸堂のご説明
   画像をクリックすると拡大します。クリックすると戻ります
...

大念佛堂 (重要文化財)

安政3年(1856)の再建である。狂言堂とも呼ばれ、この建物の2階部分で壬生狂言が演じられる。 本舞台、橋掛かり以外に能舞台には見られない「飛び込み」や「獣台」などの特異な構造をもつ建物である。

...

三福川稲荷堂

大念佛堂西側の朱色のお堂には、稲荷明神が祀られている。三福川は 「壬生川」という地名に由来し、五穀豊穣・商売繁盛のご利益を伝える。

...

水掛地蔵

このお堂の地蔵菩薩(石仏)は江戸時代中期の作で、「水掛地蔵」と呼ばれ、水を掛けて祈ると、一つの願いが叶うと信じられている。

...

弁天堂

明治27年(1894)の再建である。本尊の秘佛・辧財天は、清水寺の延命院より移されたもので、子孫繁栄 ・金運上昇のご利益を伝える。

...

阿弥陀堂

平成14年(2002)の再建である。阿弥陀如来三尊像(阿弥陀、観音、勢至)が安置されている。建築家・山本良介氏の設計によって再建されたお堂は、現代の最新の建築法が取り入れられている。この阿弥陀堂の奥に、壬生塚(新選組隊士墓所)がある。
 また地階は壬生寺歴史資料室であり、寺宝や新選組の関連資料が展示されている。

...

夜泣き地蔵

阿弥陀堂の向かって右にある地蔵菩薩(石仏)は、「夜なき地蔵」と呼ばれ、病気平癒や 幼児の夜泣き止めにご利益があると言われている。

...

一夜天神堂

嘉永5年(1852)の再建である。中央に一夜天神、向かって右に金毘羅大権現、左には壬生寺の鎮守である六所明神が祀られている。「一夜天神」の名はその昔、天神・菅原道真が流罪になった時に、この壬生の地を訪れ 一夜をあかしたという故事に由来し、学業上達のご利益を伝えている。

...

表 門(正門)

寛政11年(1799)の再建で、壬生寺の正門である。 門の前にある寺号標柱はアルミニウム製である。

...

千体仏塔

平成元年(1988)に建立された。この塔の石仏は明治時代、京都市の区画整理の際に各地から集められたものである。室町時代からの阿弥陀如来像や地蔵菩薩像など丁度1000体が、ミャンマーのパゴダに似て円錐形に安置されている。

...

鐘楼

嘉永4年(1851)の再建である。 梵鐘は、嘉永元年(1848)に鋳造されたものである。毎年8月9日・10日の精霊迎え鐘や、また大晦日の除夜の鐘として、一般希望者が撞くことができる。

...

中 院

壬生寺に唯一残こる塔頭であり、現在の御堂は文政12年(1829)の再建である。洛陽三十三観音霊場第二十八番札所の本尊である本尊の十一面観音菩薩(鎌倉時代作)は、福寿無量のご利益があり健康長寿に霊験あらたかな観音である。

京都十二薬師霊場の第四番札所の歯薬師如来像が安置されている。


 寺 宝

仏 像

   本尊・地蔵菩薩立像 (重要文化財・本堂に安置)
   脇士・掌善掌悪童子像  (佛師・中川大幹 作。本堂に安置)
   鑑真和上像        (平成28年 本堂に安置)
   円覚上人像        (佛師・中川大幹 作。本堂に安置)
   十一面観音菩薩像 
(中院に安置。 洛陽三十三観音霊場 第二十八番札所)
      阿弥陀如来三尊像  (阿弥陀堂に安置。 8:30から16:30まで 自由に参拝できます
      歯薬師如来三尊像 (中院の正面向かって右に安置。 京都十二薬師霊場の第四番札所)


   文化財展観室 (本堂内)

           
公開日 毎年5月初旬の春期本堂特別公開の時のみ開館  
法 具

   五仏錫杖(重要文化財)  これは『壬生寺縁起』にも見えるもので、快賢僧都が感得された本尊地蔵菩薩の錫杖であるという。非常に珍らしい形態のもので、藤原時代の製作であろう。(現在は京都国立博物館に寄託しているが、平成に模造したものが文化財展観室に展示されている)。

画 跡

...

列仙図屏風 一双(長谷川等伯筆・重要文化財)

 長谷川等伯の初期の作品で、中国の故事を画材としたものです。現在は文化財展観室で、保管されています。

 壬生寺歴史資料室  (阿弥陀堂の地階)
                 クリックすると画像が出ます

公開時間 午前8時30分から午後4時30分まで
入室料  大 人       200円  壬生塚参拝料も含む
小学・中学・高校生 100円  壬生塚参拝料も含む

歴史資料室では、仏像や天皇からの拝領品などの寺宝のほか、壬生狂言や新選組についての解説をパネルや写真で展示しています。これらの資料を通じ、壬生寺の歴史とその信仰に理解を深めて頂ければ幸いです。(展示物合計約30点の内、新選組関連資料は約3点です。)
定休日はありませんが、行事などで臨時休室する場合があります。
 

                                         おもな展示資料の一覧

1.延命地蔵菩薩像  2.随求菩薩像
3.妙見菩薩像 4.阿弥陀如来像 
5.聖観音像 6.十一面観音像
7.鑑真和上像 8.古楼門額
9.本尊厨子戸帳 10.竹形花生
11.白高麗花生 12.六角花台
13.菊花文柄鏡 14.旧本堂鰐口
15.前川家阿弥陀堂奉納絵馬 16.阿弥陀堂古瓦
17.紺紙金泥地蔵菩薩画像 18.壬生狂言 面 「熊坂」
19.壬生狂言 面 「大多福」  20.壬生狂言 面 「茶屋の女」
21.壬生狂言 面 「弁慶」 22.壬生狂言 面 「猿」
23.壬生狂言 面 「鬼神」 24.壬生狂言 面 「福の神」
25.壬生狂言小道具「笏」  26.京相撲力士奉納額
27.新選組古文書 28.壬生寺墓地返還嘆願書
29.新選組連名墓漢詩拓本 30.旧本尊御影 板木
31.諸国図絵年中行事大成板木 32.恵美須、大黒図 板木
  • 上記は、平成29年1月現在の展示資料です。
  • 展示内容は、予告なしに変更する場合があります。
  • 以下の番号の展示資料については、保護のため、複製品を展示しています:番号18〜24、27、28
    


                            最初のページへ戻る