壬生寺と新選組について

壬生塚

壬生寺境内東方にある池の中の島は、壬生塚と呼ばれ、幕末の新選組隊士の墓などがある。

新選組局長・近藤 勇の胸像と遺髪塔、 新選組屯所で暗殺された隊士・芹沢鴨と平山五郎の墓、勘定方・河合耆三郎の墓の他、隊士7名の合祀墓がある。 その合祀墓には池田屋騒動で亡くなった隊士・ 奥沢栄助、安藤早太郎、新田革左衛門らも葬られている。

壬生塚に祀られている新選組隊士11人の略歴を別ペイジに記載する(没年は墓碑の刻に拠る)


新選組の結成

新選組は文久3年(1863) 3月に、ここ壬生の地において結成された。東門前の坊城通りには、その当時、八木邸、前川邸、南部邸の3箇所が屯所と定められ、今も八木邸と前川邸が残っている。

かつては壬生寺境内は新選組の兵法調練場に使われ、武芸や大砲の訓練が行こなわれたという。


数々残る隊士の逸話

また、一番隊組長・沖田総司が境内で子供達を集めて遊んだり、 近藤勇をはじめ隊士が壬生狂言を観賞したり、新選組が相撲興行を壬生寺で企画し、寺の放生池の魚やすっぼんを採って料理し、力士に振る舞ったという、面白い逸話も当寺に残っている。

境内にある壬生塚には、新選組やその遺族らによって建てられた墓碑4基がある。

新選組隊土等慰霊供養祭

 毎年7月16日には池田屋騒動の日をトし、「新選組隊土等慰霊供養祭」がここで行われる。当日は全国各地から新選組を参詣者が数多く訪れ、近藤勇の胸像前で慰霊法要が行われた後、有志による剣技や詩吟の披露がある。参加自由であるので、どうか参詣していただきたい。

また、近藤勇の胸像のななめ前に 「新選組顕彰碑」がある。 これは京都で活動している「新選組同好会」が、結成20周年を記念して平成7年に建てたものである。

さらに往年の名歌手、故・三橋美智也氏の代表歌「ああ新選組」 が平成11年(1999)に建立された。

新選組屯所跡

壬生寺正門北には現在も八木邸(京都市指定文化財)、前川邸二箇所の新選組屯所跡が、当時のままの形で残っており、それぞれ住人のご尽力により管理保存されている。

寺の正門前の坊城通りを北へ、和菓子店「京都鶴屋」の奥に、八木邸がある。この八木邸において、芹沢鴨らが暗殺された。現在は内部が一般公開されている。
前川邸は坊城通り綾小路の東南角にあり、現在は「田野製袋所」となっており、土日のみ一部を一般公開はされている。前川邸には八木邸を屯所としてから程無く、分宿するようになった。

新選組は慶応元年2月に西本願寺に屯所を移転する。壬生に屯所をかまえたのは2年あまりにすぎなかった。 しかし、その後も隊土は前述のように壬生寺で兵法訓練をしたり、壬生の地をしばしば訪れている。 新選組隊士を「壬生浪士」とも呼ぶのは、この壬生屯所での新選組の活躍が広く知られたためであろう。

ここに記した以外にも様々な説があるので、必ずしもこの限りではないことをお断りしておく。

参考文献・『新選組大事典』(新人物往来社)・『血誠新選組』(学習研究社)など。
                                   壬生寺学芸員 松 浦 康 昭



壬生塚(新選組隊士の墓所)と
 壬生寺歴史資料室 (壬生寺阿弥陀堂の地階) 

公開時間

午前8時30分から午後4時30分まで

    参拝・拝観料 大人  200円

           小・中・高生  100円
  • 壬生塚の入口にある、壬生寺阿弥陀堂の売店では、壬生寺案内記などの新選組関連書籍や新選組グッズの販売をしています。
  • 壬生塚では参拝料を塚内の墓碑等の修復や樹木・ 池の整備など、遺跡の維持、管理の費用に充てております。どうかご理解とご支援を下さいますようお願い申し上げます。


歴史資料室では、仏像や天皇の拝領品などの寺宝の他、壬生狂言や新選組についての解説をパネルや写真で展示しています。(展示物合計約30点の内、新選組関連資料は約3点です)


      ご報告

長年の懸案でありました新選組隊士合祀墓、勘定方・河合耆三郎の墓の計2基の維持保存作業が平成17年7月20日より2週間にわたって行われました。作業は、洗浄、亀裂修復、撥水剤塗布などが行われ、当面の期間の自然崩落は防止できました。

今後とも墓塔の維持保存に、ご支援下さいますようお願い申し上げます。


ご来寺の方にお願いとお知らせ

  • お車でのご来寺は、ご遠慮ください。 

 公共交通機関をどうぞご利用ください

  • 市バス「壬生寺道」下車  坊城通りを南に 徒歩約200m
  • JR京都駅からは、烏丸中央出口から、26あるいは28系統の市バス「壬生寺道」下車
  • 阪急電鉄「大宮」下車   四条通を西に信号2つめが坊城
  • 嵐電「四条大宮」下車

                                   最初のページへ戻る