26 紅葉狩 
         

  名将の誉れ高い平維茂は、狩りに来た途中、一人の美女に魅せられて酒宴をし、毒
酒をもられるが、神のお告げで鬼女であることを知らされ、授けられた刀でこの鬼女
を退治する。謡曲で有名な物語であるが、壬生狂言では神の代わりに壬生寺の本尊で
ある地蔵尊が維茂を助ける。 壬生狂言の演目の中で、歴史が古く、格調高いものの
つである。