17 夜 鳥
        

 平安時代、近衛天皇は鵺(ぬえ)という怪物に悩まされていた。鵺は頭が猿、尾が蛇と

いう怪獣であった。これを源頼政と頼政の家来の猪早太が、退治するという話である。
  この話は『平家物語』に書かれ、謡曲にもなっているが、壬生狂言では綱わたりの
などを取り入れ、壬生狂言独特の演出がなされている。