熊 坂
  

  奥州へ旅の途中の牛若丸,(のちの源義経)の宿に、熊坂長範を頭とする盗賊の
一味が
襲いかかるが、牛若丸に全員成敗され、長範のみが一命だけは助けられる。
  前半は「ぬがされ」と呼ばれる子役が登場するほほえましい場面もある。後半は牛若丸
と盗賊たちの対決が見所である。